【蒙古タンメン中本】MUSASHIと菜華!【2017年上半期ベスト限定】

毎度!gatti(@gatti_)です。

今年も言うまでもなく中本に行きまくっているわけですが、ちょうど一年の半分が終わったことですし、上半期ベストみたいなのを書いてみようと思います。
ええそうです、思いつきです。

今年は上半期だけでもとにかくいろんな限定メニューのリバイバルがあったので、例年よりさらにいろいろな店舗を訪れています。

割と本気で電車賃がやっばいことになってます(´・ω・`)

多額の電車賃&食費&時間を費やして書いた血と汗と涙の記事、どうぞご覧くださいませ★
(読み辛い)

上半期の中本限定ベストは「MUSASHI」&「菜華」!その決め手は…?

はい、というわけでタイトルですでにネタバレしちゃってますけども、わたくしガッチ選びの2017年ベスト限定メニューは吉祥寺店(船橋店)のMUSASHIと新宿店の菜華の2品とさせていただきます!

どちらかを選べと言われれば…
いや選べない。無理だ。
で、では早速解説してまいりましょうっ!

MUSASHI(吉祥寺店)

IMG 9616
2012年、吉祥寺店の小林副店長により考案されたメニューです。
実はわたくし、限定メニューランキング(過去記事)作成時にはこちらのメニューを食べたことがなかったのです…以降もなかなか食べる機会に恵まれず、今年になってようやく初体験、という感じでございました。

そんなこともあって地味に感動しながら実際食してみると、、、美味しいのなんのって…いや、超辛いんですけどね!

とにかく、北極餡が本当に美味しいんです。あえて言うならば本店の冷味丼に近い感じでしょうか。(色も近いですね!)
結構な量のガーリック入りでしたが、フライドガーリックが多いので、きっと大丈夫。大丈夫のはず。次の日仕事でいやな顔されてなかったはず。(願望込)

とにもかくにも樺太丼のように”次第に餡が溶けていく”、そして”口に含むとフワッと蕩ける”ようなあの感覚が好きな方にはぜひオススメしたい逸品です。
2017年7月末に東池袋店でもメニューに並んでいたので、もしかすると今後も食べる機会があるかもしれません。

菜華(新宿店)

IMG 8928
2009年、上板橋本店の堀内店長(現新宿店長)考案の限定メニュー。 

発売当時に一度だけ食べたことがあり、中本らしからぬ北海道味噌ラーメン的な見た目に惚れました。もちろん、うまい。 

しかしながらこのメニュー、また食べたいなぁと思っていたもののなっかなか復活をせず、今年食べるまでに実に8年もの時間を要しました。
理由は簡単、「めんどくさいから」だそうです笑

たしかに菜華は都度調理(つくりもの)ということもあり、レギュラーでは難しそうですよね。

 さて、その菜華が本年復活するということで、、、わたくしも4回いただきました!
またしばらくお休みになるだろうなと、食い溜めですよ食い溜め!
お味の方はちょっと記憶と違うところがありましたが、やっぱり美味しいもんは美味しいっ!
中本っぽさはないのですが、正統派ウマイ味噌ラーメン、って感じです。
個人的にツボなのが香り豊かなゴマ風味。これがバランス調整に一役買っているのかなと。

 もう食べれないんだろうなぁと思っていた菜華を、しかも新宿で食べられて本当によかったです。
新宿店に来てくださった堀内店長に大感謝ですね♪

※<悲報>もう復活は考えていないそうです…

まとめ

記事中にも書きましたが、最近”リバイバル”が非常に多く、ファンにはたまらないメニューがたくさん並んでいます。
それこそ限定メニューカレンダーを見るだけも楽しいですし、いつ、どこに、何を食べにいこうか計画するのもとても楽しいです。

私自身、ほとんどの限定メニューを網羅していますが、”またアレを食べたい!”と思うモノも非常に多くあります。
それだけにこの流れはとてもありがたいですね。

中本辛衛隊の皆様、お財布や時間とのバトルが大変だと思いますが、自分自身と相談しながら引き続き良い中本ライフを送りましょうっ!

それではまた次の記事で♪

<おまけ>「美ら楽」は復活するのか!?

今回、吉祥寺店でMUSASHIを作ってくださった調理担当は浜口チーフでした。
たまたまお話できましたので、聞いてみました!

gatti
浜口さん!むかーしむかし本店で考案された”美ら楽”!覚えてますか??
浜口さん
もちろんですよ。よく覚えていますね笑
gatti
おお!あれって最近のリバイバルブームに乗って、やったりしないんでしょうか!?
浜口さん
ああ、あれはもうやらないですね(断言)

・・・即答されました・・・笑

ファンの方には大悲報ですね(´;ω;`)
あの時期の本店の限定メニューは本当にレアで、なっかなか復活しないんですよねぇ…
美ら楽、玄たっち、春の塩五目・・・いつかもう一度食べたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。