【Music】2012年を振り返る

どもどもこんにちは。

なんと今調べてみたら、Blog移転してから音楽記事書くの初めてなんですって!
おかしい。
本来これがメインのはずだったのにっ

とはいえ、そっちはまぁお仕事との兼ね合いもあり、ラインが難しいところなんですよねぇ…
今後はもう少し書いていければとは思っておるのですが…

さてさて今日の企画は…

US、UK、そして日本の年間チャートをまとめてみよう!
って企画です。
しかしながら、まとめてるうちにウンザリしました★
なんででしょうね^^

ではまずはUSから。

01 – 6,606,000 – Somebody That I Used To Know – Gotye Feat. Kimbra
02 – 6,059,000 – Call Me Maybe – Carly Rae Jepsen
03 – 5,731,000 – We Are Young – Fun. Feat. Janelle Monae
04 – 4,464,000 – Payphone – Maroon 5 Feat. Wiz Khalifa
05 – 3,834,000 – Starships – Nicki Minaj
06 – 3,701,000 – What Doesn’t Kill You (Stronger) – Kelly Clarkson
07 – 3,631,000 – What Makes You Beautiful – One Direction
08 – 3,350,000 – Wild Ones – Flo Rida Feat.Sia
09 – 3,276,000 – Glad You Came – The Wanted
10 – 3,070,000 – Boyfriend – Justin Bieber
11 – 3,063,000 – Some Nights – Fun.
12 – 3,028,000 – Whistle – Flo Rida
13 – 2,948,000 – Lights – Ellie Goulding
14 – 2,852,000 – I Won’t Give Up – Jason Mraz
15 – 2,779,000 – Set Fire To The Rain – Adele
16 – 2,621,000 – Drive By – Train
17 – 2,607,000 – Wide Awake – Katy Perry
18 – 2,566,000 – One More Night – Maroon 5
19 – 2,448,000 – Sexy And I Know It – LMFAO
20 – 2,447,000 – We Are Never Ever Getting Back Together – Taylor Swift

ヒットチャートの常連達が顔を揃える中、今年もニューカマーが1位を獲得。年間1位のGotyeはオーストラリアのシンガーソングライターです。今年のサマソニにも出演して、大入りでしたねー。アメリカでも過去目立ったチャートアクションはなく、突然現れた感じでした。 ごめんなさい、Billboardで1位になるまで知りませんでした★この曲のイントロ聴くと”きらきら星”を思い出しますよね。

2位のCarley Rae Jepsenも昨年ブレイクしたアーティストの1人。日本でもCMに起用されたりと、大ブレイクしましたね。彼女の”Call Me Maybe”、そしてKelly Clarksonの”What Doesn’t Kill You(Stronger)”、Nicki Minajの”Starships”、この辺りは僕も昨年それぞれ再生回数が100回を余裕で超えてます。めっちゃハマりました。

近年はPop、Hip-Hop、R&Bの攻勢が凄まじく、Rockはどんどんセールスを落としてます。USに限らずここ日本でもそう。あのUKでもそうなのです。自分もRock畑の人間ですが、昨年はHip-HopやPopばかり聴いていた気がします。ちょっと盛ったけど。嗜好の変化とかそういうことじゃなくて、単純にいい曲が多いなぁと思うのです。ていうか年間チャートのTOP20にRockが1曲もないってすごいですよねぇ。もちろんRockに不利っていうのはありますけども。
(Maroon5はもはやRockじゃないのでノーカンで)

さて、続いてUKの年間シングルチャートTOP10。

01 – 1,301,000 – Somebody That I Used To Know – Gotye Feat. Kimbra
02 – 1,114,200 – Call Me Maybe – Carly Rae Jepsen
03 – 969,600 – We Are Young – Fun.Feat. Janelle Monae
04 – 910,400 – Titanium – David Guetta Feat. Sia
05 – 849,000 – Starships – Nicki Minaj
06 – 736,400 – Domino – Jessie J
07 – 725,200 – Gangnam Style – Psy
08 – 707,400 – Payphone – Maroon 5 Feat. Wiz Khalifa
09 – 685,800 – Wild Ones – Flo Rida Feat. Sia
10 – 611,000 – Next To Me – Emeli Sande

TOP3はUSとまったく一緒ですね。違いは4位のParisのベテランDJ、David Guetta、6位のBBC Sound of 2011に選出されたJessie J、10位の2012年のUK年間アルバムセールス1位のEmeli Sande。3人ともヨーロッパのアーティストですね。中でも注目はEmeli Sandeでしょう。昨年UKにおいて唯一のミリオンセールスを記録。これは本当にすごい。ちょいジャンルは違うかもですが、Adeleが好きな人には間違いなくオススメです。良い意味でスコットランド臭いR&Bがたまりません。

そして、Psyも忘れてはなりませんな。こんだけ売れてるってのは地味にすごいですよね。アジア圏のアーティストがチャートインするとか予想だにしなかった。

では最後に、日本の年間シングルチャートです。

01 – 1,820,000 – 真夏のSounds good! – AKB48
02 – 1,436,000 – GIVE ME FIVE – AKB48
03 – 1,303,000 – ギンガムチェック – AKB48
04 – 1,215,000 – UZA – AKB48
05 – 1,073,000 – 永遠プレッシャー – AKB48
06 – 649,000 – ワイルドアットハート – 嵐
07 – 619,000 – Face Down – 嵐
08 – 592,000 – 片思いFinally – SKE48
09 – 587,000 – キスだって左利き – SKE48
10 – 581,000 – アイシテラブル! – SKE48

この後20位までジャニーズとNMB48で占められているので、以下略とさせてください。
コメントは…特にありません。というかぶっちゃけた話、このTOP10の曲、全部知りません!

…ってのもあれなので、全部3回ずつ聴いてみました。聴かないことには批判もできませんしね。
で、聴いてみた感想は、えーと、えーと、、、
…困ったことに何も出てきませんでした(´;ω;`)

文章屋のくせに、本当に紡ぐ言葉が絞り出せないのです。なんと言えばよいやら…ほんと申し訳ないんですけども、ノーコメントで。なんでこんなに売れるのか意味不明ですけど、よくよく考えたらじゃあGotyeやCarleyがなんであんなに売れたの?って問いにも答えられません。時代に合ってた、ってことなんでしょうね。

ただ、ここ数年の日本のチャートは本当につまらないなぁと思います。僕はAKBと嵐が2組で年間TOP10を独占した2010年に、日本のチャートに興味を失くしました。ジャニーズはどちらかと言えば好きだし、AKBもべつに嫌いじゃありません。篠田麻里子とか超可愛いと思いますし。でもつまらない。10年前はアーティストかぶりはほとんどなく、ジャンルも今よりは様々でした。オリコンチャートを追うのも、CDTVを見るのも楽しみだったもんです。それなのに、、、

海外では次から次に新しいアーティストがチャートに登場するので、それを追う楽しみがあります。それこそ追いきれないほどに。日本の音楽業界にもそういうスリリングさがあればなぁ。チャート云々に拘るなと言われればそれまでですけど、入り口としてはチャートからってのがマジョリティですよね。何も知らない自分などは今どんなんが売れてんの?ってとこから入るわけです。要は同じプロセスを踏んだら日本の方が早く飽きが来るというか、パターンが決まってるのでつまらない、ってことです。
ちなみに邦楽は好きですよ、念の為w

まぁ愚痴はこんなとこで!

では最後に、2012年のワタクシのiPodの再生回数TOP10を記載して終わりませう!!

01 – Call Me Maybe – Carly Rae Jepsen
02 – Night And Day – Hot Chip
03 – Running – Jessie Ware
04 – Starships – Nicki Minaj
05 – Take A Walk – Passion Pit
06 – Teenage Icon – The Vaccines
07 – Sixteen Saltines – Jack White
08 – Chevy Thunder – Spector
09 – Poetic Jutice – Kendrick Lamar Feat.Drake
10 – Burn It Down – Linkin Park
10 – What Doesn’t Kill You (Stronger) – Kelly Clarkson

意外と面白い一年でした(●´ω`●)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。