【THEO】ロボアドバイザーで資産運用はじめました

どもどもgatti(@gatti_)です。
今回は当ブログで初めて取り上げる話題でございます。
それはズバリ、

資産運用

についてです。
数十年後、私たちの世代が定年を迎えるとき、年金を今と同じ水準で受け取れる保証は全くありません。むしろ、「私はきちんと年金を収めているし、満額受給できるよね♪」と考えている方は非常に危険ですよね…

厚生年金の受給開始年齢も55歳→65歳に引き上げられ、さらなる引き上げも、、、という話もチラホラ聞かれます。バブル期には3%強あった銀行の金利も今や0.01%以下に。「銀行に預けていればお金が増える!」なんて時代はとうの昔に過ぎ去り、むしろお金を預けているだけでは実質的にお金の価値は目減りするようになってしまいました。

そんな現代において、大切なのは自分だけでなくお金にも働いてもらうことです。

本日は、私が始めてみた”ほったらかし資産運用”のご紹介をいたします♪

「THEO」(ほったらかし投資信託)始めました

というわけで、私もいま流行りのロボットアドバイザーによる資産運用を始めました。
同サービスにおいては「WealthNavi」と「THEO」が有名ですが、本日紹介するのは「THEO
」の方です。
ちなみに、私がなぜこちらを選んだのかといいますと、単純にキャッチに惹かれたからです(笑)

投資は、ロボが。
人生は、あなたが。
毎日を忙しく過ごす人の 預金にかわる新しい選択肢へ
わかりやすく、イメージも湧きやすくていいですよね(* ̄∇ ̄)
先人の方々の運用実績を見ていても、ウェルスナビもTHEOも実績は大差ないんですよね。であれば好きな方を選べばよいのではないかと思いました。

あえて差を挙げるのであれば、個人的にはTHEOの方が口座開設が簡単かなと感じました。

◆必要書類
【ウェルスナビ】
①運転免許証+マイナンバー通知カード
②マイナンバーカード
いずれかひとつを選ぶ。

【THEO】
①マイナンバーカード
②マイナンバー通知カード+顔写真付き証明証
③マイナンバー通知カード+顔写真なしの本人確認書類・2種類
3種類からいずれかひとつを選ぶ。

この差です。つまりは写真付き身分証明証が必須か否かなのですが、そもそも私は運転免許証を持っておらず、且つマイナンバーカードも作っていません。ですのでウェルスナビにはすぐには登録できませんでした。
THEOは通知カードに加え顔写真なしの証明書でもよかったため、年金手帳と健康保険証を提出し、無事に口座開設ができました。

今や免許を持っていない方の方が珍しいと思いますし、レアケースかとは思いますが、免許を持っていない方はTHEOの方がおすすめです。

THEOはどんな人が利用しているのか?

THEOの運営会社である「お金のデザイン」社によると、THEOの利用者は資産運用経験がない人が約半数を占めているそうです。実際私も資産運用などしたことのない、資産運用ど素人ですし、わずか「1万円から始められる」という敷居の低さも人気の秘訣だと思います。

また、利用者のうち約半数が20代&30代というのも特徴的で、資産運用・投資といえば40代〜50代以上の年配の方、という一般的なイメージからも少し外れています。そのことからも正に”現代風の投資”、といえるでしょう。

THEOの良いところ=”運用方針”を最適化してくれる

資産運用もロボットが自動で行なってくれるだけでなく、運用方針やポートフォリオ構築やそのメンテナンスまでも自動で最適化してくれる、というのは初心者にとって大変ありがたいことです。

まず、THEOに登録・口座開設する前に、1分で終わるレベルの簡単なアンケートがあります。改めて、TOPページを見てみましょう。

黄緑色の丸で囲んだところから簡単なアンケートに答えて行くと、自分に合った最適なポートフォリオが提示されます。
私の場合は以下のような感じでした。

私向けの「資産運用方針」は「値上がり益重視」だそうです。
そしてそのポートフォリオ(資産構成)が以下の通りです。

資産の種類別構成の割合がどの程度なのか、そしてさらに国や地域別の構成まで詳しく見ることができます。

シミュレーション

最後に、上記の通り運用予定金額に対するシミュレーションが表示されます。
私の場合は100万円運用すると仮定すると5年後には139万円になるだろう、という予測でした。もちろんこれは上振れ下振れがありますので、Low / 69万円〜High / 259万円という範囲で示されていました。

◆まとめと今後の実績公開について

いろいろ調べていくうちに自分は本当に無知だったんだなぁ、と思い知らされました
「余剰金はとりあえず貯金しとけばいいでしょ。まぁ、確定拠出年金とかだけやってればいいっしょ!」

みたいな浅い考えで、気付けば30歳を迎えてしまいました。
お金について、投資について、資産運用について、勉強をすればするほど、ただ銀行にお金を預けているだけではダメだということがわかってきます。
今はお金についてきちんとした知識がないと、食われるだけなんですよね。預金しておくだけでは結果的に資産が減る。その事実にすら気付いていなかったという…

ただ、そんな自分がいきなり「投資ダー!資産運用ダー!」つって「仮想通貨買おう」とか「株始めよう」なんて言っても失敗するのが目に見えてますよねw
むしろそこを食い物にするのが個人投資家であり、国であり、企業であるわけで。

かといってジックリと投資の勉強をする暇なんてないのがサラリーマンの悲しいところ。なので今回紹介したTHEOのような「ほったらかし資産運用(投資)」というのは、我々サラリーマンにとって非常に良い選択肢といえるかもしれません。

自分は職場で働いて、お金にもどこかで働いてもらう。そしてそれを動かすのは今や人間様よりよっぽど頭の良いロボットである、と。この感覚こそが現代ではとても大切なのかなと思いました。

入金

まずは早速私も10万円入金してみました。
運用実績については定期的にこのBlogで公開していきますので、お時間がある方はぜひお付合いくださいませ♪

THEOの公式サイトで実際にシミュレーションしてみるだけでも面白いので、ぜひやってみてはいかがでしょうか?

うちのブログとしてはとても珍しい内容の記事ではありましたが、本日はTHEOのご紹介でした。

引き続き、よろしくお願いいたします(●´ω`●)ノシ

↓THEO-テオ-公式サイト↓

THEO

ABOUTこの記事をかいた人

某人材会社のWeb・広報担当。Blog歴14年。 Blogがきっかけで頂くようになった"文章屋"としてのお仕事は9年目に突入。 *好きなもの* iPhone / Mac / 洋楽 / 蒙古タンメン中本 / モンスト / DTCG