【Anime】アニキャラRanking’14〜11-20

6年目のアニキャラRanking、ついに開幕=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

アニキャラRankin’14-Intro-→Link
アニキャラRankin’14〜1-10→Link

〜同企画Link集〜(随時追記)
Omega
ZEL
〜特別企画Link〜
Omega人外Ranking編

まさか浦和レッズが大逆転優勝逃しをしたその日にこの記事を書くハメになろうとは・・・(´;ω;`)
いや、これ以上ない気分転換になるし、良しとしよう(´;ω;`)

てな感じで今年も残すところあと4週間!
無事にこの記事に辿り着けてよかったです。

早速次点の3キャラから参りましょう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

21. 神代 小蒔
(咲〜全国大会編〜)

23
<CV=早見沙織>

永水女子高校の姫様。
宮永照・天江衣と並び称される強者らしいが、これまでのアニメの全国大会編では正直「どこが強いねん」感が否めない小蒔さん。
むしろ石戸霞の方がおっかないまである。
”変態”薄墨初美さんもいるし、永水女子は見ていて飽きない高校である。
あっけなく全国大会敗退してたけど

21. 壱級 天災
(龍ヶ嬢七々々の埋蔵金)

22
<CV=阿澄佳奈>

社会不適合者(の素質満点)。
性格破綻。
(自称)名探偵。
の数え役満。
とはいえ本当に頭の切れるお嬢さんであり、なんとスピンオフ小説では主人公を務めるほど人気があるのだ!
最もよかったのは宝箱の上のシーン。
あれはえがった(●´ω`●)

21. 柊 柚子
(遊戯王ArcV)

21
<CV=稲村優奈>

デュエルの腕が微妙だとか、そういうことはどうでもいい。
讃えられるべきは”ハリセンツッコミのキレ”である。
いやぁ、遊戯王シリーズのヒロイン達はこう、毎度イイですよね。
今思えば初代遊戯王のヒロインは杏子(あんず)でしたね。
掛けてるんでしょうか。
んなわけない
あ、読み方は”ゆず”だからね、念のため!

〜〜〜〜〜〜〜〜
以上、”今年の3キャラ”でした。
そしてここから本編!
TOP20、いってみましょおおおおおお!!!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20. アセイラム・ヴァース・アリューシア
(アルドノア・ゼロ)

20
<CV=雨宮天>

思いっきり虚淵の被害者になった(と言われている)王女様。
それ以上でもそれ以下でもない。
来月から始まる2期では出番があるのだろうか!?棒

19. 小海 はるか
(Rail Wars!)

19
<CV=内田真礼>

東京駅発着の電車の時刻表を全て記憶しちゃう、可愛いお嬢様とかおる?
いるわけねーだろ!!
…というお嬢様。
飯田奈々先生とどっちを入れようかもんのすごく迷った結果、小海さんにしました。
そしてこの作品、だいぶマニアックな内容でしたが、キャラがよかったのでスッキリ完走できました。

18. 更識 簪
(IS2)

18
<CV=三森すずこ>

長いことお姉ちゃんの楯無もランクインしとったのですが、直前になってランク外へ。
帳尻合わせという説もあるけど
一期はそりゃもうすんごい好きな作品でしたが、二期はどうもイマイチ盛り上がりに欠けていたような気がします…
作品の微妙さに引きずられて順位が下がってしまった感も否めません。
三期はなさそうですよねぇ、どうも…(´・ω・`)

17. コウサカ・チナ
(ガンダムビルドファイターズ)

17
<CV=石川由依>

もう”委員長”ってだけでポイントが高い。
操縦する機体は「ベアッガイIII」。なお、ワタクシgattiはベアッガイIIIのプラモデルも購入済みである模様。
いやー、将来有望すぎてやばいすね。
絶対いい奥さんですよコレ。

ちなみに現在放映中の続編、ビルドファイターズトライではチナの弟くんが主人公格として活躍中。
2014年秋アニメはぶっちゃけこれだけでいい!ってレベルでどハマりしとります。
来年はホシノ・フミナのTOP10入りがもう完全に約束されています(関係ない)

16. 高山 やなぎ
(グラスリップ)

16
<CV=早見沙織>

この一年間で、いや、ここ数年で、、、うーん、もっとか。
ここまで意味のわからなかった作品は史上初っぽい。
そんなグラスリップから唯一のランクイン、高山やなぎ。
あのカラスザーッのシーンは怖すぎて震えました。
が、その黒さやストーカーっぷりが実に人間らしくていいのです。

しかしながらやっぱりグラスリップ自体は全く意味がわからなかった。
誰か本気で説明してほしい。

15. 渡辺 摩利
(魔法科高校の劣等生)

渡辺
<CV=井上麻里奈>

どっからどう見ても風紀委員長。
実に井上麻里奈の声が合っている。
やはり作中の一番の名シーンは”水上ヘーイ”であろう。プールでボードでぶっとぶシーンは最高であった。
命に別状ありまくりだったところも素晴らしかった。
なお、千葉エリカとの(口での)戦闘シーンも高評価である。

14. 島田 真夢
(Wake Up, Girls!)

14
<CV=吉岡茉祐>

後半になるにつれ、どんどん良いキャラになっていきましたねー。
なんだろう、作品としても同じような印象だったんですが。
イマイチ評判がよろしくないようですが、自分は作品自体も結構好きでした。
1話のパンツ構成にはドン引きでしたが、最後まで楽しく見られました。
…ちなみに、菊間夏夜ちゃんも好きでした。

13. 天童 木更
(ブラック・ブレット)

13
<CV=堀江由衣>

天童民間警備会社の社長にして、強靭なハートを持っている狂人。
(微妙にウマいこと言った感)
まだ高一なのに腎臓を病んでるため、長時間の戦闘はできない。
この歳にして腎臓やっちゃうとかすごいな!
それから得意料理は「フライド・パンズ・イヤー」であるが、意味は全くわからない。わからない。

12. 潮留 美海
(凪のあすから)

12
<CV=小松未可子>

ちょっと待ってね。とにかく声を大にして言いたい。
私が好いとうは小学3年生の方の美海じゃなくて、中学2年生になった方の美海だからね!!
あぶない。これを言っておかないと超絶ロリ扱いされてまうからね。
あぶないね。
(中2も十分アレだけど)
凪あすも2期になってからググッときたアニメだと思いますが、いやはや美海の成長っぷりには驚きましたよね。
てか最後はどう考えてもこっちと結ばれるべきだったよね。
2期のメインヒロインだったよね!!(必死)

11. 一条 蛍
(のんのんびより)

11
<CV=村川梨衣>

ほたるんって何歳だっけ?
え?小5?
12位の美海のときは中2でやばいとかいってたけど、そんな次元じゃなかった。
ランドセル背負ってるお嬢さんを堂々とランクインさせちゃうとかやばすぎるわコレ。
言うまでもなく、これまでの6年の歴史で最年少キャラです。
いや、でも見た目はだいたい高校生…少なくとも中学生(の高学年)に見えるから、これは許されるハズや!!
しかしのんのんは本当にいい作品だった。
癒しだった。
田舎に行きたくなった。

でも、やっぱり田舎には住めません。
長崎生まれの僕ですが、長崎には帰れま10。
ほたるんがいてもやっぱり…うーん、うーん、、、悩むけど帰れません!!
てかのんのん、二期やらんかね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

てな感じで11位〜20位の発表でございました♪
我ながらブレない程度にバリエーション豊かでございますな。

そして再来週発表のTOP10も今年は割とスムーズに決まったため、スラスラと記事が書けました。
(もう書き上がってます(* ̄∇ ̄) )

TOP3あたりはそれこそ同率にしたいほど僅差でしたが、悩みに悩んで1位を決めました。
作品の差といってもよいかもしれませぬ。。。w

では、そんなわけでTOP10の発表は12/20(土)となりまする!
お楽しみに(●´ω`●)ノ

アニキャラRanking’14〜TOP10(2014年12月24日公開!!)Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。