【蒙古タンメン中本】この限定メニューがウマい2016-前編-!勝手にRanking第2弾!!

Writer:gatti(@gatti_

もう秋を通り越して冬ですね。
寒くなるときはほんっと一気に来ますねぇ…(´・ω・`)
風邪も流行っているので、皆様も十分ご注意を!

さて、本日は「蒙古タンメン中本・勝手にRankingシリーズ」の第2弾をお届けします!
第1弾記事が望外の大ヒットを記録しまして、気がつけば当Blogの本年度一番人気記事となっていました笑

※その第1弾記事はこちら↓
【蒙古タンメン中本】この人の味噌卵麺がウマい2016!勝手にRanking!!

上記の通り、前回は「全店で一番ウマい味噌卵麺は誰のモノなのか?」という極めてマニアックなランキング記事でしたが、今回は中本の名物といっても過言ではない、
「どの限定メニューがウマい(ウマかった)のか!?」
というランキングをお送りしたいと思います。
この企画を選んだ理由は単純に”一番よく聞かれるから”、ということです。
それから自分でも一度整理してみたかったから、というのももちろんあります。

そんなこんなで、いざ書き始めたら筆が進む進む…あっという間に一記事分の分量を超えてしまったので、泣く泣く二記事に分けました。
というわけで、そんなgatti的限定メニューランキング、まずは前編からご覧くださいませ♪

TOP10入り直前、第11位タイは「吉祥寺・新宿・町田・御徒町!」

例によって11位タイのメニューからご紹介致します。
上記の通り、4つのメニューをご紹介します。

<第11位>ベジリナ
 (2014年・吉祥寺店・東江考輔さん)

ベジリナ
 男性と女性で違う内容にする(というか勝手になる)という、前代未聞の挑戦的なメニュー。やったのはもちろん、東江店長です。ええ、この方しかいませんよね笑
 女性バージョンはチラ見するだけに留まったのですが、見た目が彩り豊か且つズッキーニを使ってみたりと、いかにも女性向けな感じでした。食べてないからわかりませんけどね!!
 そしてスープ。これはほんっとによく煮込まれているのでしょう、ほのかに甘さを感じます。玉ねぎでしょうかね?
 それからチーズとバジルがトッピングされていることで、イタリアンっぽさも醸し出します。とてもオシャンティなこのメニュー、中本よりスープストックとかに置いてありそうな感じがします笑

<第11位>北極坦々麺
 (2009年・新宿店・永里翔さん)

IMG 0970

 新宿店のイケメン店員さんといえば!?波多江さん?村野くん?健ちゃん??…いやいや、10年前なら間違いなく永里翔でしょう!
実は林部長より、ハンさんより古かったんですよね、翔ちゃんは。
顔がいいだけじゃなくこの男、ウマい限定を連発します。某雑誌にでっかく写真付きで載っていたこと、旧い常連さんなら皆知っていますよね♪

 さて、この北極坦々麺ですが、”北極”の名を冠するだけあって、やはり辛いです。辛いながらも坦々麺なのでゴマ風味やひき肉などでうまーく中和されています。わたくしはこのメニューのチンゲン菜が好きでして…チンゲン菜大盛がなかったことが悔やまれます。
 以前は1年に1回くらいは限定で見かけていましたが、最近は新宿限定はほぼ固定になっているため、復活は難しいのかもしれません…

<第11位>辛味噌煮込みちゃんぽん
 (2015年・町田店・吉田さん)

中本ちゃんぽん
 長崎生まれのワタクシgatti、ちゃんぽんにはうるさいですよ…ふふふ…
という私がとても美味しく頂いた倉井店長のちゃんぽんのアレンジバージョン、、、ですよね?たぶん。わかりませんが(* ̄∇ ̄)
 倉井店長のはもうふつうにフツーに”The・ちゃんぽん”って感じで美味しかったのですが、吉田さんがお創りになられた辛味噌ちゃんぽんは、正に初めての味わいだったので強く印象に残っています。
 ちゃんぽんに味噌入れて合うのかと…中本的には普通のアプローチなのでしょうが、純正長崎県民の私には思いもよりませんでした。また今年も食べたいもんです。もし食べられるなら2時間かけていきますよあたしゃ!

<第11位>魚介豆乳タンメン
 (2014年・御徒町店)

IMG 7479

 後述する第6位の某メニューと同様、今でもときどき限定メニューカレンダーに載るときがあるので、出るたびに高確率でお邪魔しています。
御徒町と東池袋、つまり小田師範店長近藤アキラ店長の居る所ですね!
 このメニューには冷やし(というかつけ麺)もあるのですが、わたくしは元祖であるホットの方が好きです。
 魚介味噌スープはかなりこってりで濃厚なのですが、白菜や長ネギが上手く緩和してくれます。モツ煮込みのネギみたいな感じ、といえばわかりやすいですかね。
 ちなみに豆乳が投入されているのはほとんどわかりませんが、あのまろやかさを出すのに一役買っているのだと思います。つまり、体内に豆乳を投入することが苦手な方にも美味しく召し上がって頂ける一品ということです。(しつこい)

—-

はい、以上4メニューでした♪
ここまでの限定もめっさウマいのばかりですねぇ(●´ω`●) 

続いてTOP10にまいりましょう!
前半では第7位まで紹介しますっ♪

限定メニューRank TOP10→高円寺、本店、新宿、吉祥寺!

<第10位>近藤スペシャル
 (2010年・高円寺店・近藤アキラさん)

近藤すぺしゃる
 今は亡き、高円寺にて開発された近藤アキラさん(現・西池袋店長)の力作。スープの赤、水菜の緑、コーンの黄、この3色が美しく混ざり合っています。この3色の山にドカッと腰掛けているのが分厚いチャーシュー。玉座で存在感を放つこのチャーシューがまた美味しいんです♪
辛さもほどよい感じで、五目蒙古くらいの辛さになっています。
余談ですが、この近藤スペシャル、僕はクリスマスイヴに食べました。
(心底どうでもいい)

<第9位>玄たっち
 (2006年・本店・佐伯玄太さん)

玄たっち

 現亀戸店長、鬼の玄太作の限定メニュー。
黒マー油と焦がし味噌の味が濃厚な、中本限定史上でも随一のこってり濃厚な逸品。あの黒さ、なんとなく感じられる無骨さ、男くささ、実に玄太さんっぽくていいんですよね。
ちなみにコチラ、かなり重かったもんでこの日はサイドメニューは食べられませんでした笑

 2006年は全店で新限定の嵐だったため、食べ逃がしもありましたが、(特に浜口チーフの”美ら楽”は悔いが残りまくる)このメニューも今となっては本当に稀少なモノとなってしまいました。
なぜなら佐伯玄太氏、作り方を覚えていないそうです。つい先日もこの話をしたところ、

「え?何?マー油って売ってんの?どこで売ってんの?」

と聞かれました。「ドンキとかで売ってんじゃないスか??」と適当な回答をしてしまいましたが(最低)、美味しいマー油を差し入れすればまたそれっぽいのを作って頂けるのでしょうか…w
辛華丼もまさかの復活を遂げたわけですし、やっぱり期待しちゃいますよねぇ(* ̄∇ ̄)

<第8位>蟹・DE・翔
(2010年・新宿店・永里翔さん)

%e8%9f%b9de%e7%bf%94

 その辺によくある”蟹クリームパスタ”と違い、本当に蟹なメニューです。なんというか、とにかくカニなんです笑
 魚介豆乳タンメンも次点に入れているくらい、魚介系のラーメンが大好きなわたくしですが、中本の魚介系限定では翔ちゃんが作ったこの蟹DE翔が一番好きです。
 中身はエビやイカなどの魚介類に加え、キャベツや人参、もやし、そしてそこにカニとアスパラがのっています。このアスパラが見た目を華やかにしているのです。
 しかしながらこのメニュー、今ある魚介豆乳タンメンより具材が豪華なんですよねぇ。。950円という値段では採算が合わないのでは…と心配になってしまうレベルでした。そんなこともあってか、新宿店のボス、林部長をして
「もう再販はない」
とハッキリ言わしめることとなってしまいました、、、
いやほんと、食べといてよかった…

<第7位>SIRATORI
 (2014年・吉祥寺店・東江考輔さん)

SIRATORI
 東江店長2作品目のランクイン。
おそらく全店で最もユニークなメニュー名をつけるのが現船橋店長の東江店長でしょう。「ジョージ・節」、「北極ヒーハー」、「MUSASHI」等々、何が何やら…なお名前ばかりです笑 また、女性向けのメニューを創らせても東江店長が全店1なのではないでしょうか。先の「ベジリナ」などは典型的ですね。
 さて、肝心のSIRATORIについてですが、まずはとにかく見た目が綺麗!見た目から入る私にはたまりません(意味が違う)
 スープは鶏白湯。柚子の風味も相俟って、爽やかな印象を受けます。中本風ワンタンメン(雲呑無)といった感じです。
どうでもよいですが、”SHIRATORI”ではなく、”SIRATORI”なのはなぜなのでしょうか??東江店長のことなので、何か意味があるような気がしてなりません。

——————

…はい、カカっと第7位まで発表してまいりました。
皆様のフェイバリットは入っていましたでしょうか??

わたくしにしては珍しく、すでに後編の記事も完成しているんです!!
奇跡っ!!

…いや、なんでって1位から順に書いてたから当然なんですけどね(* ̄∇ ̄)

さぁ、というわけで後編の発表はえーと、、、11月23日の勤労感謝の日でいきましょうっ!
中本の皆様に感謝する日、ということで!!

(完全にこじつけ)

では、また後編でお目にかかりましょう♪
最後までご覧くださいまして、ありがとうございました♪

◆〜まとめ〜◆

<第7位> SIRATORI(2014年・吉祥寺・東江考輔さん)
<第8位> 蟹・DE・翔(2010年・新宿・永里翔さん)
<第9位> 玄たっち(2006年・本店・佐伯玄太さん)
<第10位> 近藤スペシャル(2010年・高円寺・近藤アキラさん)
<第11位> 魚介豆乳タンメン(2014年・御徒町)
<第11位> 辛味噌煮込みちゃんぽん(2015年・町田・吉田さん)
<第11位> 北極坦々麺(2009年・新宿・永里翔さん)
<第11位> ベジリナ(2014年・吉祥寺・東江考輔さん)

◆〜蒙古タンメン中本記事Link〜◆

【蒙古タンメン中本】この限定メニューがウマい2016-前編-!勝手にRanking第2弾!!

↑この記事の続き、TOP6の発表をしております!(2016年11月23日・著)
果たして、激戦の限定メニューRankingで見事第1位に輝いたのはどこの、誰の、どのメニューなのか!?

【蒙古タンメン中本】この人の味噌卵麺がウマい2016!勝手にRanking!!

↑人によって味が変わる、中本の名物作り物メニュー「味噌卵麺」。どこの誰の味噌卵麺がウマいのか!?そのランキングを勝手に発表★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

某人材会社のWeb・広報担当。Blog歴14年。
Blogがきっかけで頂くようになった”文章屋”としてのお仕事は9年目に突入。
*好きなもの*
iPhone / Mac / 洋楽 / 蒙古タンメン中本 / モンスト / DTCG