【蒙古タンメン中本】五目味噌タンメンRanking2018【前編】

いつもありがとうございます。gatti(@gatti_)です。

いよいよやってまいりました、恒例の中本記事・企画♪
今回の特集は中本常連さんからの人気TOPクラスである大人気メニュー、「五目味噌タンメン」です。

2017年、当Blogで最もアクセスを集めたのは
「この人の味噌卵麺がウマい2017!勝手にRanking(URL)」
だったわけですが、2018年に入ってもその勢いは全く衰え知らずでございまして、2018年も何かしらの事件が起こらない限りは本記事が一番アクセスを集める記事となるハズです。
たぶん。きっと。

そうなることを願いつつ、今年も本気で記事を書きたいと思います。
今年はTOP10ではなく、TOP15に加え「注目株と推しメン」を含めた20人をご紹介いたします。
店舗増えまくってるし、それにともなってスタッフさんも増えまくってますからね…(´・ω・`)

というわけで、半年ぶりのRanking記事、早速まいりましょう。
相変わらずアホみたいに長くなってしまった結果、前後編に分けることとなってしまいまして、今回はその前編です!
よろしくどうぞっ!

注:当ランキングはいち中本ファンの個人的な嗜好が多分に含まれている超個人的なランキングです。ご注意くださいませ!

【蒙古タンメン中本】この人の味噌卵麺がウマい2017!勝手にRanking!!

2017.10.01


◆次点:注目株&推し麺(TOP20→16)

まずは「注目株&推し麺」と銘打った5名を紹介いたします。
本来ココは若手が並ぶようなモノだよなぁ、と思っていたのですが、気がついたらむしろ中本歴が長いスタッフさんばかりになってました笑

それでは早速まいります♪

【No.20】西村チーフ(船橋店)
味はもちろん、盛り付けがとても綺麗!
「美しすぎる盛り付け」が特徴である東江店長率いる船橋店、仕込調理含め美しさは本物です。
ちなみに西村チーフのゴモミは油がやや多い印象で、野菜大盛&チャーシュートッピングをすると、ちょっと苦しくなります笑

【No.19】中村さん(目黒店)
Welcome back,中村さん(感涙)
「なぜか目黒に行くと赤くなる」
という噂(伝統?)が存在しているとかいないとか、あるとかないとか、とにかくそんな説がありますが、その例に漏れず中村さんのゴモミも赤くなってました笑
相変わらずボリューミーでパワフルなゴモミです。

【No.18】川上主任(品川店)
今も思い出します。
「次はゴモミRanking作ります!」とココで宣言した2017年10月、企画一発目に食べたのは川上主任でした。
なぜか?
それは
「僕、ゴモミはめっちゃ自信があります。マジでウマいスよ!」
とカウンター越しに強く迫られたからです。
(誇張ナシ)

川上さんのゴモミは倉井部長仕込み(本人談)とのことですが、倉井部長よりやや野菜がシャキシャキです。
わかりやすく言うとメニュー見本写真の蒙古タンメンのようなシャキシャキっぷりです。
(むしろわかりづらい)

常連さんの間では遅刻キャラと寝坊キャラがすっかり定着している感がありますが、味はバッチリなんですよね^^

【No.17】伊藤チーフ(上板橋本店)
”中本の看板娘”といえばこの方をおいて他にないでしょう。
日本中、そこかしこで伊藤チーフのスカジャン写真を見ますからね。
(誇張アリ)

周年祭の翌日に上板橋本店へ行った際、初の伊藤チーフ調理に当たったのですが、その時の感動は凄かったです。
思わず帰りの東武東上線の車内で即インスタにUPしてしまいました。(Link
ちなみにお味の方ですが、同じ店舗の長である豊田師範とは全然違ってビックリです。

余談ですが、隆也副店長のゴモミ狙いで本店に行くと悉く不在なのですが、なぜなのでしょうか。嫌われているんでしょうか。この企画のために6回足を運ぶも、結局最後まで食べられませんでした…(´;ω;`)笑

【No.16】森山主任(渋谷店)
渋谷店に居ながら、実に「渋谷っぽくない味」を醸し出す森山主任。
森山主任に当たると”渋谷なのになぜか旧き良き池袋の味”を存分に堪能できます。

森山主任ゴモミは
「たぶん、豊田師範(上板橋本店)の影響が一番強いと思います」
と本人がおっしゃる通り、”煮込む系”のゴモミです。
当Blog風に言うならば”オレンジ系”。
「渋谷っぽくない」と上で書いたのは渋谷のスタッフにはオレンジ系が1人もいないからです笑

ちなみに本人には一度も言ったことないですが、個人的には豊田店長よりも実は近藤店長(草加店)に近いと思っています。
なので実はとても好きな味なのです(●´ω`●)

◆TOP15(15→11)

続きまして、TOP15の発表です。
ここでは店長も登場。大ベテランからポケモンまで幅広くw
気がつけば、あのイケメン兄弟が揃って登場となっておりました(* ̄∇ ̄)

【No.15】東江(健)副店長(横浜店)
2月に横浜店に行った際、誰に当たるかなぁと楽しみにしていたら東江副店長でした♪
東江健ゴモミの特徴、実は異動前の渋谷で食べたときもかなりの違和感があったのですが、2月に食べてハッキリわかりました。

これ、”アキラさんっぽい”んですね!!
そういえば東江副店長の調理を初めて食べたのは池袋店だった、とここで思い出しました(* ̄∇ ̄)

それにしても東江兄弟は本当にイケメンですね。
横浜店は店舗が綺麗なのですが(OPENして間もないし当たり前)、店員さんの顔がめっちゃハッキリ見えるので、イケメンっぷりがさらに…

と、脱線しすぎました。
とにかくゴモミもイケ麺です。(雑)

【No.14】黒木チーフ(渋谷店)
ここで登場、”中本の中田ヒデ”こと、黒木チーフ
本店、目黒店、新宿店、渋谷店、どこに行っても「中田英寿」を自称するあたりかなり自信があるのでしょう。ヒデっぷりに。
ヒデェなぁ。(お前のが方が酷い)

さて、散々ウチでも書いてますが、”黄色系”の最先端をひた走る黒木チーフ。
3月まで渋谷に舞い降りていたエンジェル大友さんも黒木ファンを公言していましたが、実に特徴的な作り物を提供しています。

「あの、”黄色系”ってなんなんですか…??」
と本人からも聞かれましたが、どうやら彼は気づいていなかったようです。
自分自身の作り物のガーリックの強度に。

…って書くと黒木チーフがニンニクマンみたいに見えますが、そういうことではもちろんございません。
うーんと、、、えーと、、、

・・・これ、黒木チーフのゴモミと味噌卵麺食べたことない方、ぜひ直接味わってほしいです。
「キャベツかと思いきやこれニンニクやないかーい!」
の頻度が異常なので、ほんと食べてみてください。
きっと「あれ?二郎かな?」という貴重な体験ができることでしょう。

【No.13】広田副店長(西池袋店)
ぼかぁね、忘れませんよ。
長い長い手術&入院生活を終え、退院後一発目に食べたあの広田さんのゴモミを。

「闘病生活、お疲れ様でした。元気が出るように、一生懸命作りましたんで!」
というあのセリフ、ぼかぁ忘れませんよ。

そんな広田店長のゴモミですが、ほんとに”元気が出るゴモミ”なんです。
なので端から退院後一発目は西池行こうと決めてました。
(キッパリ)
広田店長は野菜シャキシャキタイプなのですが、実はかなり黄色系。
あまり煮込まないのでダイレクトにガーリックを味わえます。

すっごい好きなのですが、平日にはなかなか食べられません。
次の日にニンニク臭を纏ってしまいますからね…(* ̄∇ ̄)

元気が出るテレb…じゃなくて元気が出るゴモミを堪能したい方は西池袋店へ、ぜひ!

【No.12】東江(孝)店長(船橋店)
見た目の美しさでいえば間違いなく全店で1,2を争うのが東江店長の特徴です。
…イケメンっぷりも1,2でしょうが、作り物の美しさのことですよ。念の為…

東江店長のゴモミを食べると「●●店長」の味が思い出されます。
ここで名出しするのはあまり適切ではないかと思いますので伏せますが、上板橋本店移転前の、、、ちょうど15年前くらいの本店の味ですかね。
実はわたくし、あの味がすっごい好きなんです。
大学時代、毎週のように友達とドライブがてら上板橋に行って食べていたときの味。青春の味。
黒木くんと東江さんが並んでいた本店、嗚呼懐かしや…

東江店長を語るならココよりもむしろ、「限定」のところでしょう。
むしろネーミングセンスというかw
ちなみに2018年5月、最新作の名前は「北極プルプル」です。

ぷ、ぷるぷるぅ!!
(マジキチスマイル)

【No.11】千葉副店長(川崎店)
常連さんや中本のスタッフさんに「どなたのゴモミがオススメですか?」と聞くと、高確率で名前が挙がるのが千葉副店長。
というか店長以上を除くと一番人気は千葉副店長なんじゃないでしょうか?

先日K店長も「盛りが綺麗だなぁと思って調理者を見てみると千葉だった、ということが本当に多いんですよね」と名指しで褒めていました。
盛り付けの美しさだけじゃなくて濃いぃぃぃ味なのも特徴です。
たぶん、全2です。

悲しいかな千葉副店長のゴモミを2回しか食べたことがないので、判定が難しい部分が…
川崎は遠い…遠すぎるんだ・・・(´;ω;`)

ちなみに今年下半期に書く味噌卵麺Ranking2018記事では千葉副店長がTOP3に登場します(ネタバレ)
チバ卵麺はもう何度も何度も食べているからここはもう、自信満々でござる!

◆前編まとめ

◆ex.1(TOP15)
【No.11】千葉副店長(川崎店)
【No.12】東江(孝)店長(船橋店)
【No.13】広田副店長(西池袋店)
【No.14】黒木チーフ(渋谷店)
【No.15】東江(健)副店長(横浜店)

◆ex.2(次点&注目株!!)
【No.16】森山主任(渋谷店)
【No.17】伊藤チーフ(上板橋本店)
【No.18】川上主任(品川店)
【No.19】中村さん(目黒店)
【No.20】西村チーフ(船橋店)


まずは一言。

長くなりすぎた。

語りすぎました。いやでも仕方ないですよね、そりゃ熱くもなりますよ!修造並に暑苦しくもなっちゃいますよ!
(逆ギレ)

ここまでご覧いただいた10名のご紹介だけでもクッソ長いと感じたことでしょう。
自分自身、Macから離れてiPhoneで見直してドン引きしました。
スクロールする親指が疲れました。

でもごめんなさい、後編はもっと長いんです。
ですので泣く泣く切らざるを得ませんでしたw

次回公開の後編ではいよいよTOP10。
TOP10の”ゴモミ選抜”と
TOP5の”ゴモミ五神”、
そして「Mr.GOMOMI」を発表いたします!

店長以上が8名、”そうではない方”が2名登場します。
どうぞお楽しみに♪

それではまた後編でお会いいたしましょうっ(●´ω`●)ノシ

ex.)サムネイル画像は退院後一発目、2018年4月23日にいただいた、思い出の広田副店長調理のゴモミです。骨の髄まで沁みました

↓続きとなるTOP10記事、後編を公開しました!↓

【蒙古タンメン中本】五目味噌タンメンRanking2018【後編】

2018.05.15

【蒙古タンメン中本】この人の五目味噌がウマい2018〜Preview〜

2018.05.03

手術&入院により、少々不在に…

2018.04.10

月刊中本4月号〜伊辛鶏〜【蒙古タンメン中本】

2018.04.02

月刊中本3月号【蒙古タンメン中本】

2018.03.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

某人材会社のWeb・広報担当。Blog歴14年。 Blogがきっかけで頂くようになった"文章屋"としてのお仕事は9年目に突入。 *好きなもの* iPhone / Mac / 洋楽 / 蒙古タンメン中本 / モンスト / DTCG